あきらぎ林業blog 安居楽業

北海道で林業に従事する移住者たちの 林業 ブログ

造 林

 

f:id:ankyorakugyou:20180504161652j:plain

f:id:ankyorakugyou:20180504161703j:plain

f:id:ankyorakugyou:20180504161725j:plain

f:id:ankyorakugyou:20180504161742j:plain

f:id:ankyorakugyou:20180504163650j:plain

 

代表が育った内地の造林現場

全部、人力だったそうです。

体を使う作業を好み私以外はオペレーターもできるのに高性能機械に

あまり興味を示さないのは下地があるのですね

北海道では造林に特化している事業体は聞いたことがないけど少ないのかな?

 

代表は

特に造林は高齢化・未熟化が進みオペは体が楽を覚え機械から降りてこない

木を切ったら山を再生しなければならないよと

「身体を動かさないとどんどん老化する」

「隙間産業でいい」

「便利屋でいい」

「敬遠され嫌がられる仕事こそ」

「北海道の山は楽だ」

「冬働きたくないし」(笑) 共感。

 

最近まで気づかなかったけど,

あることがきっかけで世代の違う私たちの共通点がに気付いた

 「運送業界」にいたこと

運送業界で培われた精神力や空間把握力、個と集団、段取り、要領、継続、自己管理

そして、ここ一番の power

 

運送業界もいろいろ大変そうだし我が社に経験者が来てくれないかなぁ

っと思う今日この頃。